<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

漂着物いろいろ


着脱が簡単な用具(ステンレス製 10cm)
f0082912_061723.jpg

救命水 ボトル型 500ml(韓国製)
f0082912_085251.jpg

日本で言うドブロクでしょうか
f0082912_0143055.jpg
浙江省普陀山は中国四大仏教の名山(Yahoo!参考)


[PR]
by showchans | 2006-06-21 00:14 | 漂着物について考える

漂着物いろいろ


漂着イカダ
全長4m マスト1.8m 住居部分 2.7m×2.4m 帆らしい布片
f0082912_0314755.jpg


[PR]
by showchans | 2006-06-21 00:01 | 漂着物について考える

福岡県宗像地区にある火山灰の山 


火山活動が盛んだった始新世に堆積した火山灰の山(約5000万年前)
f0082912_0375342.jpg


[PR]
by showchans | 2006-06-21 00:00 | 化石について考える

サメの歯の化石

「化石と漂着物採取の共通点について」
どちらもほんの一部しか出ていないのでその時点で何であるかの判断が大事です。特に海蝕台の礫層で発見する化石は1ミリか2ミリが勝負で人の後をついていっても見落としによるチャンスがあるわけです。 表示したサメの歯(約3000万年前)は慎重なクリーニングによって本体を取り出したもので皆さんのツルピカ貝類と同じです。美しさを感じていただければ幸いです。

Ⅰ.サメの歯「カルカロドン・アングスティデンス」
f0082912_23252935.jpg


Ⅱ. サメの歯「カルカロドン・アングスティデンス」
f0082912_23255611.jpg


Ⅲ. サメの歯「シロワニ属の一種」
f0082912_23272041.jpg


Ⅳ. サメの歯「シロワニ属の一種」
f0082912_23275037.jpg


Ⅴ. サメの歯「レモンザメ属の一種」
f0082912_23281387.jpg


[PR]
by showchans | 2006-06-15 23:33 | 化石について考える

貝類の化石

約3000万年前の貝類化石ですが現在魚屋さんで見られる貝を並べてみました。
 「 」カッコ内は化石名で人名のカッコの有る無しも意味があります。

Ⅰ. 「マテガイ」 Solen Oyama
f0082912_23113798.jpg


Ⅱ. 「アゲマキ」 Cultellus izumoensis(Yokoyama)
f0082912_2312187.jpg


Ⅲ. 「クルミ貝」類 Acila ashiyaensis(Nagao)
私のハンドルネームの「acila」です。
f0082912_2312239.jpg


Ⅳ. 「キリガイダマシ」類 Turritella infralirata(Nagao)
f0082912_23124645.jpg


Ⅴ. 「ツノガイ」類 Antalis ashiyaensis(Nagao)
f0082912_23133329.jpg


Ⅵ. 「アシヤブンブク」 L-praenipponica Nagao
f0082912_23135727.jpg


名称の表示はいのちのたび博物館の資料を使用しています。
サメの歯については全部寄贈しておりますのでご了承ください。

[PR]
by showchans | 2006-06-15 23:25 | 化石について考える

漂着物「生物」


いよいよ梅雨に入りましたが皆様いかがお過ごしですか、こちらは漂着物の
移動はありませんがミズクラゲやアカクラゲの大量漂着が続いています。
漂着物をアップしましたのでお楽しみください。

f0082912_6395286.jpg
「人魚のさいふ」トラザメの卵

[PR]
by showchans | 2006-06-13 06:46 | 漂着物について考える

漂着物 「漁船の漁具・備品」

f0082912_622837.jpg
「バクダン」
ローリング魚で使用する潜航板やヒコーキ(前出)の他にバクダンとカブラも漂着します

f0082912_627466.jpg
「カブラ」疑似餌

f0082912_632989.jpg
「ボンテン」全長3.24m

f0082912_6334390.jpg
「刺し網用具」 どちらもマークなし

f0082912_6343141.jpg
「救命水」中国上海製

[PR]
by showchans | 2006-06-13 06:35 | 漂着物について考える