<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

香春岳

これが筑豊が舞台の小説青春の門にでる香春一の岳(昭和30年)で炭鉱節の♪一山二山三山越え~♪です。今は石灰岩採掘で半分になりました三の岳は山の陰になっています。
f0082912_234117.jpg

今の香春一の岳で炭鉱節の♪一山二山三山越え♪がお判りいただけるとおもいます。
石灰岩ですが熱変成で化石はありません
f0082912_20251716.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-29 23:42 | 昭和について考える

ぼた山と炭住

もう昭和30年代がレトロになる時代で炭鉱が盛んだった昭和29年のカラー写真です
f0082912_1926746.jpg

昭和30年はじめの炭鉱社宅で8軒で一棟当時ハモニカ長屋と呼ばれていました
f0082912_19262943.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-29 19:27 | 昭和について考える

漂着ボトル

このロシア語の漂着ボトルはレッテルにヒントがありました。ウラジボストクの入り口、ナホトカの地図と灯台で40度のウオッカです
f0082912_2024066.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-26 20:24 | 漂着物について考える

骨董市

昨日から3日間あるアンテーク骨董市ですが値段も半端じゃありませんねー
でもどんどん売れています!3000円あれば結構楽しめる神社の青空骨董市の方が私には面白いです
f0082912_20205680.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-26 20:22 | 私のフィールド

冬はストーブが一番です。昭ちゃんの彼女ベッタリともり三中、ウリはプチ家出中
f0082912_20553517.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-22 20:56 | 同居人

陶片

瓔珞模様です。たかが陶片されど陶片すっかり浸かってしまいました
f0082912_2156940.jpg

瓔珞模様のパート2で本格的な採取は水温む3月からですね
f0082912_21551662.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-20 21:57 | 陶器について考える

浮子

今年はまだ静かな春の海です、マークのない貫通浮子ですがいろいろ付着しています。
f0082912_2083052.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-15 20:09 | 漂着物について考える

新春 五弁花事始

幸先がいい
f0082912_1953581.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-05 19:58 | 陶器について考える

同居人

ウサギでもリラックスします。
f0082912_2245950.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-04 22:45 | 同居人

明けましておめでとうございます

正月は波に千鳥でご挨拶 今年もよろしく!!
f0082912_0574028.jpg

[PR]
by showchans | 2008-01-01 00:00 | 陶器について考える